2006年05月27日

ある朝の出来事

さわやかな朝を切り裂く一筋の叫び声
「誰か!ハンカチを!」
見れば初老の男に抱えられた血まみれの若者
いや憔悴しきったその顔は若者と呼ぶにはあまりにも疲れていた

駆け寄ると次から次へと真っ赤な滴がしたたり落ちている
一緒にいた少女たちが首に巻いていたバンダナを差し出す
それは本当ならば大切な思い出としてしまわれるはずのもの
でも目の前で痛んでいる人を見捨てることはできなくて
彼女たちは自分の一番大切なものさえ投げ出した

血に染まるバンダナ…それは確かに愛の象徴
人間だけに許された尊い絆の確かなしるし

救急車を呼び 警察を呼ぶ
…警察…
そう それは単なる事故ではなかった
傷ついた男が言う
「母親を…母親を助けてください…」
聞けばその交差点から程近いマンションの一室でその凶行は起きたのだという
傷ついた人間はもう一人
傷つけたのは誰なのか…

「妹です」

そこにいた誰もが言葉を失った
最も深い絆で結ばれているはずの
家族が家族を傷つけたのだ

男が指差したマンションに僕らは向かった
オートロックの前で僕らは警察の到着を待つ
心の中には言いようのない悔しさが渦巻く
マンションの中には 恐らくその妹だろうと思われるわめき声が響く…
警察官がふみこんでゆく
やがて連れ出される若い女と
その後に続く担架に横たわった初老の女
「命に関しては…わかりませんね。もともと病気を抱えているようですし」
若い警察官が教えてくれた
祈るしかない僕たちは走り去る救急車を見送った

一体その家族に何が起きたのか
病身の母親をなぜ傷つけなければならなかったのか

最初の傷ついた若者の足には包帯が幾重にも巻かれていた
おそらくは以前にも同じようなことがあったのだろう
マンションの住人が事件を聞いてつぶやいた
「ああ、あそこの家はおかしな家だから…」
「もともとあの娘さんはおかしかったのよ…」
突き放したようにこぼれた言葉が痛かった

同じ建物の中に住んでいても
人の心はこんなにも遠いものなのか
涙ひとつも流れない
痛みも傷も伝わらない
無関心によって生まれた空白地帯で
怒りと憎しみは増幅され
やがて恐ろしい刃となって
家族という絆を切り裂いた
…過酷な現実

その日もその翌日も
新聞を見てもネットを調べても
この「小さな」事件のことは書かれなかった
おそらくはその母親は一命をとりとめたのだろう
この「小さな」事件のことは誰に知られることもなく
ひっそりと時の流れの中に消されてゆくのだろう

「小さな」事件

娘が親に 妹が兄に切りつけたそれは「小さな」事件
きっと話題にもならないほど
今の日本はそんな「小さな」事件で溢れかえっているのだろう
連日のように報道される殺人事件
親子が 兄弟が 夫婦が殺しあう
いつの間にか麻痺していないか
ありえないほどの悲劇があたりまえのことになりつつある
私達のこの国…

せめて血染めのバンダナだけは忘れずにいよう
実の妹に切り裂かれた傷を救ってくれたのは
それまで出会ったこともない少女たち

人の心の中には確かに愛も住んでいる
憎しみや怒りや悪意を乗り越えて
すべてを癒すことの出来る愛が住んでいる
せめてそれだけは忘れずにいよう
そして信じ続けていこう
小さな善意や愛が積み重なって
再び私達の国は家族になると
争いあう世界もいつかはきっと家族になると

静けさを取り戻した朝の町を僕たちは再び歩き出す
絶望と希望の両方を固く握り締め
未来を決めるのは紛れもない僕たちの一歩一歩だと
共にいた一握りの若者たちと
言葉にならぬ心の声で分かち合いながら
それぞれの一日に向かって歩き始めた

走り去る救急車のサイレンと 幾重にも巻かれた包帯と
血染めのバンダナを胸に抱いて…
バンダナ01up のコピー.bmp続きを読む
posted by 銀河ステーション at 09:20| Comment(9) | TrackBack(0) | 詩:未来と平和のための祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

流れ星と涙と…(名もなき友たちへ)

憎しみに覆われた心が生まれ変わるために
たったひとしずくでもいい
真実な涙が必要であるように
憎しみに覆われた世界が生まれ変わるためにも
誰かの真実な涙がなくてはならないのだろう

誰も気づくことのない世界の片隅で 今日も
そんな涙が流されている
エゴと怒りと 怨みや葛藤が渦巻く世界の中で
横たわるいくつもの死体と
泣き叫ぶ幾人もの傷ついた心のために
くちびるをかみしめながら
歩き続ける たくさんの名も知れぬ人たちがいる

そんな
どうしようもない痛みを抱えた彼らのうえに…

流れ星が落ちる
涙をためた瞳は祈りをこめる
どうかこの世界から悲しみの涙をなくしてください… と
真実な愛の涙をためて瞳は祈る

いくつもの流れ星と涙と…
切ない祈りを聞き届けてくれる誰かが欲しくて
一瞬で消えてゆく光だとしても
信じることの出来る希望が欲しくて


そんなささやかな祈りの声を
確かに聞き取ることの出来る僕であるように…
いつか僕も見たはずの流れ星の残像を
心の中で確かめている

名もなき友たちの頬を流れる涙と
名もなき空に流れる星に誓おう
いつまでも 忘れない心で祈り続けると…

いつか流したはずの涙の記憶を
心の中で確かめながら

僕も行くよ
流れ星up のコピー.bmp
posted by 銀河ステーション at 21:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 詩:未来と平和のための祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

あふれるほどの優しさを

あふれるほどの優しさを
花束のように抱きしめながら
もどかしい言葉を不器用に操るあなた
言葉は心を決して越えない
伝えきれない思いをどうやって運べばいいのだろう
見えない心は聞こえない声で
精一杯の鼓動を打ち続けている
いつか
きっと
響きあうその日が来ると信じて…

くちびるをこぼれたひとつひとつの花びらが
舞い上がり …光る

??¢??????002up.bmp
posted by 銀河ステーション at 23:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 詩:未来と平和のための祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

たんぽぽ

…こんなところでも生きている…

空は煙り
行きかう車の騒音で耳はふさがれる
こんな環境を自ら築き上げたヒトですら
生きることにためらう街
そんな住みにくい街の片隅で
それでもお前は生きている

たんぽぽ

君もがんばれよ…
そんな声ならぬ声がきこえてくる

ただ通りすぎてゆくだけの僕に向かって
励ましの言葉をくれるお前の為に
僕は何をしてやれるだろうか

やがて綿毛に変わる日が来たら
もう一度僕はここに来よう
そしてお前の旅立ちに
少しでも強い風を吹かせてあげたい

そして空高く舞い上がり
今よりももっと広くて
もっと気持ちのいい場所で
可愛らしい
お前の姿を咲かせることができるよう

精一杯の息をふきかけよう
がんばれよ…の思いをこめて

たんぽぽ01up.bmp
posted by 銀河ステーション at 01:29| Comment(10) | TrackBack(0) | 詩:歩き続ける日々に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

共感

花びらの散りゆくことは
決して永遠の別れではなく
自らを生み育ててくれた
ふるさとに帰ってゆくということ

やがて生まれ来る新しい命を育むために
静かに消えゆく美しい命
それは決して死ではなく
永遠の命のつながりの中に帰るということ

でも
アスファルトに落ちた花びらは 
どうすればいい?

…花びらと僕のしおれた心が重なる

せめて焼き付けておこう
お前が確かに生きていた証しを
無駄に消えてしまっていい命など
決してありはしないのだから…


道端up.bmp
posted by 銀河ステーション at 04:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 詩:歩き続ける日々に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

そらの記憶

誰かに
しがみついてゆきたい夜がある
子供のように
泣きじゃくりたい夜がある

こんなにも汚れてしまった心
もてあますほどゆっくりと流れる時間
いっそがんじがらめの忙しさの中で
すべてを忘れられたらと思う夜

 誰か 僕を見つめていますか
 永遠は 僕に扉を開いてくれますか

あまりの醜さと愚かさに
あふれてくる 涙

いつしか子供のように泣きじゃくるとき
どこからか 優しい声が響いてくる
すべてを知って それでも僕を求める声
なぜ こんなにも汚れ果てた僕なのに…

ふと 思う
おのれの醜さに涙する心は
醜さそのものからは自由だと…

この心は …この心だけは きっとそらから降りてきた

 だからこそ帰りたい
 汚れのないあのそらへ
 だからこそたどりつきたい
 たとえ翼は傷ついていても

 かすかに聞こえる声が道しるべ
 いつか いつかきっと帰るから…

誰かにしがみつきたい夜は
遥かなふるさと そらの記憶がよみがえる

天使01up.bmp
posted by 銀河ステーション at 03:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 詩:歩き続ける日々に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

東京

言葉たくみにすりぬけてゆく
人と出来事の流れの中を
ほんとの心はどこにある
決して交わることのない想いたち
この街の見渡すばかりの光の中に
何千万の生命が明滅している
いくつもの歓声と
いくつものため息と
交響する多彩な言葉の響きの中を
その深い意味を問うこともなく
通り過ぎていく異邦人の群れ
その足音すらいつしか曖昧な闇にまぎれて
君は誰を思いながら眠りにつくのか
そして次の朝誰の為に目を覚ますのか
スクランブル交差点の真ん中で
ふと抜けるような青空を見上げる
同じ空のした同じ光を浴びながら
頬をなでる風の記憶さえ僕らは共有しているはずなのに
その横顔を覚えていない

こみあげてくる 寂しさ

届かない 言葉を
こぼれ落ちた 想いを
見失いそうな 絆を
抱きしめながら 泣いている

東京夜景01up.bmp
posted by 銀河ステーション at 02:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 詩:歩き続ける日々に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

柔らかな朝に

今日は柔らかな朝
小鳥のさえずりに耳を傾け
オレンジ色のフィルターをかけた
街の景色を眺めている

行きかう老人たちの顔も
心なしか優しげに見える
思わず見知らぬ人にも挨拶したくなる
こんな気持ちが続けばいいのに…

相変わらず新聞の紙面には
憂鬱な記事があふれているけれど
罪に手を染める人々の心にも
こんな柔らかな朝の記憶があったと信じたい

こんなにも柔らかな心を壊すもの
憂鬱や暗闇を人の心にもたらすもの…

こんな優しい気持ちになれた朝だからこそ
心静かに尋ねてみよう

コピー 〜 朝03up.bmp
posted by 銀河ステーション at 06:01| Comment(6) | TrackBack(0) | 詩:未来と平和のための祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。