2006年10月31日

明日への約束

こんな小さなことでつまづいているようじゃ
誰のことも守れないね

こんなふうに言い訳ばかりしていたら
いつまでたっても強くなれないね

…明日こそ
こんな自分を乗り越えてゆきたいと思う

決意してはつまづき 誓っては裏切り
そのたびにあなたを苦しめてきた
こんな自分がいやだから
その心だけは真実だから…

ぼろぼろになっても
諦めることはだけは …できない

…届くかな…

星も見えない東京の空
その場しのぎの慰めにさえ頼れない

そんな夜だからこそ強くなる

美しい花畑に横たわり 
爽やかな風に吹かれることができたなら…

弱い心は思わず願ってしまうけど
そんな景色はどこにも見えないこの街だからこそ
きっと…

ほんものの強さにたどりつけるのかな
…そしてあなたに会いにゆく

その時こそ
ほんとうの星の輝きを僕は知るだろう
そしてまっすぐに春の風を受け止めることも出来るだろう

そしてあなたに会いにゆく

…待っていてくれるかな…

明日への約束0610up.bmp
posted by 銀河ステーション at 02:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 詩:つながり・絆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

ありがとう

なんだかこんなせつない夜は
生まれてから ずっと
ひとりぼっちだったように思えてくる…

そんなはずなんてないのにね

…ありがとう…

誰にともなく ひとりつぶやくと
せきをきったように
愛されてきた思い出がこみあげてきた

??¨〓??〓0610up.bmp

きっとひとりで生きてきたなんてありえないことで
必ず誰かの支えの中で生きてきた
与えたことは覚えているけど
愛されたことは忘れ続けた身勝手な人生…

…ありがとう…

せめてその言葉だけは忘れずにいよう
そして時々は思い出すんだ

愛されて生きてきた人生を。

posted by 銀河ステーション at 22:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 詩:つながり・絆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

その微笑に…

??????〓??up.bmp
たくさん たくさん つらいことがあって
流した涙の数も数え切れないほどなのに…

あなたはそんなにも穏やかな笑顔で
僕を見つめてる

こみあげる想いを
言葉にすることはできないけれど

せめて 精一杯の笑顔を返して
少しでも あなたの励みになればと思う


…これからは僕が頑張るから
あなたが流してきた涙も僕がひきうけるから

だから もうこれ以上苦しまないで

…その笑顔だけは永遠(とわ)に守りたいと密かに想う
posted by 銀河ステーション at 02:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 詩:懐かしいあなたのために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

たったひとつの願い事

どこまでも暗い海…

ひとり渡る小舟の寂しさを
静かに照らす灯台のあかり

どうか
荒波に呑まれることがないように…

sister up.bmp

あなたの舟は 今
この暗い海の
どのあたりを漂っているのだろう

嵐に遭ってはいないだろうか
辿りつくべき港は
確かに見えているのだろうか…

祈るほかない 心

その頬に 
もしも涙が流れているのなら
誰か 拭ってくれる優しい人が
あなたの傍にいてほしい

もしも
夢見る未来があるのなら
挫けそうなあなたを励まして
共に歩んでくれる誰かが隣りにいてほしい

ひとりで生きてゆくには
人生は
あまりにも辛いことが多いから


静かに去っていったあなたへ…


僕が出来ることは
ただ祈ること

そっと目をとじて
小さな声で…

いつの日も
あなたが笑顔であるように…

それだけが 
僕のたったひとつの願い事

posted by 銀河ステーション at 00:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 詩:懐かしいあなたのために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

Green Wind

明日から吹く緑色の風に
忘れかけていた願いがよみがえる
誰もが心で求めているのは 愛
優しさ そして希望

繰り返される愚かさや過ちよりも
はるかに大きな愛を忘れずにいよう

Green wind up01.bmp

人間はまだまだ小さすぎるね…

はるかな空からそそぐ光に思う

posted by 銀河ステーション at 09:46| Comment(8) | TrackBack(0) | 詩:未来と平和のための祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

やがて一つになる日まで

小さなすれちがいや誤解が積み重なって
いつのまにか越えられないほど深い溝ができてしまった

聳え立つ壁ですら
最初は小さなれんがを一つ置くところから始まった

すぐに謝ることができていたなら
傷つけた痛みに悔やむ心を届けていたなら…

高く聳える壁の前に立ちすくむけど
本当は …いつでも一緒にいたかったんだ

??up.bmp

それでも …きっと遅すぎはしない
そう 今からでも遅くはないと信じよう

どんなに分厚い壁に隔てられても
越えられない溝に 憎しみの大河が流れていても

トンネルを掘り
橋を架けてゆくことはできるはず

やがてふたたび一つになる日を…
僕はあきらめたくはない




『露がグルジア国境閉鎖し交通遮断、郵便や送金も停止』こんな記事が目にとびこんできた。少し前まではひとつの国だったのに。ソ連時代の指導者スターリンはグルジア出身の人間だった。
きっと家族や親族、友情の絆で結ばれている人が、国境の向こうとこちらにいるはずなのに。手紙を送ることすら許されない。年老いた父母に仕送りをすることも、できない。
またどれだけの涙が流されるのか…。ロシアには一緒に歌い涙した友人もいるだけに、余計に心が締め付けられる。
昨日24時間の間に、バグダッドでは50人の遺体が新しく見つかったという。スンニ派とシーア派の対立の犠牲者…。もともとは同じイスラームなのに。

日本も、かつて文字や文化を教えてくれた国、中国や韓国と未だに葛藤を抱えたままだ。人は争わずにはいられない生き物なのだろうか。

…でも、悪あがきかもしれないけれど、あきらめたくない思いは残る。

この夏、休暇を利用して、親しい学生たちをひきつれて、一緒にひとつの冒険をした。

東南アジアの国を訪ねて、貧しい人々に家をつくるプロジェクトに参加したのだが、そこで触れ合った現地の子供たちの笑顔が忘れられない…。
もちろん、そんな小さな活動自体が何かを解決したとは思わない。むしろそこから何かを始めるために企画した旅…。
でも、わずか数日の体験は、主役である学生たち以上に、僕自身にもたくさんの感動を与えてくれた。

少年up.bmp言葉も違う、人種も違う学生たちで集まって、一つの家を作り上げる…。
誰かの為に尽くす喜び。愛したい思い、幸福を求める心はみんな同じなんだと気がついた。争うよりも、罵りあうよりも、手をつなぎ、同じ歌を歌いたいのが人間なんだ、と…。

途中で訪ねた小さな教会に掲げられた由来を示すプレートには、日本軍の侵略についての記述があった。そんな歴史を刻んできたのに、僕達との別れに涙を流してくれたその国の少女…。

積み上げてきた憎しみのあまりの大きさに、時々あきらめそうになるけれど、少しずつでも積み上げていく愛情と信頼の絆が、やがて高い壁すら越える時がくると信じて、希望をつないでいきたいと思う。

少なくとも何もしないで後悔するのはいやだから。


posted by 銀河ステーション at 01:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 詩:未来と平和のための祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

手をのばしたら…

まっすぐに見つめる瞳
そっとさしのべられた手…

hand up.bmp

君の視線の先には 世界
さしのべられる手を待ちわびる寂しい心たち…

飢え乾いているのは
決して灼熱のアフリカの大地だけでなく

すぐ隣にあるうつむいた横顔や
睨み付ける 少年の …瞳






続きを読む
posted by 銀河ステーション at 19:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 詩:未来と平和のための祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。