2007年04月24日

離れて暮らす母へ… コブクロの『蕾』

最近すごく好きな歌。

涙こぼしても 汗にまみれた笑顔の中じゃ
誰も気づいてはくれない
だから あなたの涙を僕は知らない

絶やす事なく 僕の心に灯されていた
優しい明かりは あなたがくれた理由なき愛のあかし…

コブクロの『蕾』。主題歌になっていたドラマは見ていないけれど、母親の愛情を描くこの歌詞は何度聞いても心に響く。

いくつになっても、注がれた愛の深さは本当の意味ではわからないのだろうな…と思う。
身長も、勉強の点数も次々に親を追い越していったけれど、年齢だけは絶対に追い越せない仕組みになっているのは、とても不思議なこと…そしてすごく素敵なこと。

親は永遠に親で、子供は永遠に子供。自分が子供を産んで育てる親になっても、親になった子供を見つめる親の気持ちは、もっと深くなっている。

愛情においては、きっといつまでも親は先輩で、その後姿を通していつまでも、更に深い愛情を教え続けてくれるのだろう。

たとえこの世からいなくなってしまっても、その愛情はずっと変わらずに僕を見つめ続けてくれるはず。

まだ、生きていてくれることがどれほどかけがえのないことか。
今はわけあって、遠く離れているけれど、明日は僕のたったひとりのかけがえのない母の誕生日。『おめでとう』のかわりに、すぐそばで肩をもんであげるかわりに、してあげられることは何だろう…。


少しでも立派な人間になって、少しでも注いでくれた愛情の価値を感じさせてあげたい。注いでくれた涙や苦労の結実が今の僕だから…。産んで育ててよかったと思ってもらえるような自分になろう。


この歌を聞くたびに「頑張ろう」と心から思える。絶対に、負けない。
あなたのために。

Q@?c02up.bmp
posted by 銀河ステーション at 23:36| Comment(5) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

たんぽぽに寄せて

限りない愛をのせて
あの遠い海の彼方
泣いているあの子達のもとへと…

…飛んでゆけたなら

dandelion up.bmp
県境の標識を越えながら ふと 思う
空には境目なんてないこと

きっとすべての境界線は
人の心がつくりだした錯覚のようなものだから

すべての境目を越えて
空は続き 海は続く

きっとこの小さなたんぽぽの種も
さわやかな風に乗り 遠い国の悲しい子供たちのもとへ…


さあ僕たちも 地球儀の上から
複雑に入り組んだ国境線を消してしまおう
後に残るのは目の覚めるように美しい
神様がくれた青い宝石


今はまだ
心と心の間の小さな境界線でさえ
のりこえられない僕らだけれど

いつの日か
愛と希望をつめこんだ未来の種へと生まれ変わって
自由という名の綿毛につかまり
飛んでゆこう

僕らを待っているあの子達のもとへと…
posted by 銀河ステーション at 23:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 詩:未来と平和のための祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

待っている…

?cup.bmp

待っている…
そっと 祈りをこめて
待っている

いつか光に包まれる日がくることを
柔らかな愛がすべてを包み込む日がくることを

涙も 痛みも 苦しみも
すべて美しい花を咲かせるためのこやしだったと

笑顔で振り返る日が来ることを
posted by 銀河ステーション at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩:未来と平和のための祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

散りゆく姿の美しさに心ふるえて…

001up.bmp

桜が好きだったあなたの散り際も

このうえもなく潔く そして美しく

いつまでも 鮮やかな色で 

   僕の心に




そっと 花びらに息をふきかける

舞い上がれ

そしてあの青空にとけてゆけ…
posted by 銀河ステーション at 01:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 詩:懐かしいあなたのために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

約束

ひとりで心に決めた想いは
思いのほかもろく崩れてしまった
でも 君と交わした約束は
消えないぬくもりで小指の先に息づいている…

きっと 
ひとりで描く夢よりも
誰かと分かち合う願いのほうが
何倍も僕に力をくれる

努力の先に咲く笑顔の花は
一つより 二つのほうがすばらしい

そして二つより もっと もっと
世界中の人に笑顔の花を咲かせられるなら…

そのほうがもっと素敵だね

そして そんな夢のために僕は生きよう

まだ見ぬたくさんの人達と…
この指先で 『約束』
約束少女up.bmp
posted by 銀河ステーション at 01:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 詩:未来と平和のための祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

Progress

振り返って後悔ばかりしてるのも
きっと自分勝手なことなんだろう

駄目な自分だったと気付いたのなら
少しでも ましになれるよう努力すればいい

傷つけた分だけ愛してゆこう
裏切った分だけ誠実になろう

どんなに深い穴でも いつかは埋めることが出来る
どんなに遠く思えても 歩いてゆけば近づいてゆく

とにかく歩き始めなければ
永遠にたどりつくこともできないのだから…

ため息つくよりも 悔やんで涙するよりも

一歩でも前に進んでゆこう

Progressup.bmp
posted by 銀河ステーション at 22:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 詩:歩き続ける日々に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。