2010年12月30日

クリスマスの約束2010

12月24日夜に放送された『クリスマスの約束2010』。
毎年、この番組は楽しみにしているが、今年も、また期待にたがわぬ素晴らしい内容に仕上がっていた。

小田和正がホスト役になって、様々な歌い手とのコラボを繰り広げてきたこの番組も、今回で10回目。

基本的にメインは小田和正なのだが、この夜はホスト役としてStardust Reviewの根本要と、スキマスイッチの大橋卓哉も名前を連ねていた。そのほかの出演者は以下の通り。

JUJU
山本潤子
玉木千春(Kiroro)
松たか子
清水翔太
キヨサク(MONGOL800)

ところで、この『クリスマスの約束』は、とっても不思議な番組…。

実は、僕はArtistの好き嫌いが激しい方で、波長のあう一握りのArtistのほかは基本的に見向きもしない。それなのに、この番組に出演してしまうと、普段はまったく受け付けないタイプのArtistですら、なんだか「あ、意外といいじゃん」と思えてしまうのだ。

そして、実際、出演者たちは他の歌番組などで見るよりもかなり良いPerformanceを見せてくれる。

どうしてだろう?

ずっと疑問に思ってきたが、その秘密は、やっぱり、この番組に込められた小田和正の想いにあるのだと今回気づかされた。

「同じ時代に生きるArtist同士が、もっと互いに愛し尊敬しあっていけるように…」。

人は愛されたり、大切にされたりすると、普段以上の力を発揮する。小田和正の想いをベースにして作り上げられた空間は、自然と出演したArtistたちの本来の力を引き出すのだろう。

コ・アクティブ・コーチングで言うところの「安全で勇気づけられる場」といったところか。とにかく、一つ一つのPerformanceのクオリティーが半端ないのだ。 

特に、今回心に響いたのは、Kiroroの『未来へ』『長い間』のメドレー、松たか子の『500マイル』、清水翔太の『君が好き』、そして小田和正の『My Home Town』だ。

それぞれの持ち歌や、想い出の歌を、全員でコーラスしながら大切に紡いでいく。昨年の壮大な『22分50秒』の大メドレーも素晴らしかったが、今年のPrivate Live的なアットホームなのりも、なかなかどうして素晴らしかった。

来年はどんなコンセプトになるのだろう?今からとっても楽しみなのである。
posted by 銀河ステーション at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。