2006年06月16日

もう一度…

人の醜さや愚かさを見つめ続けていると
いつしか 自分の心の中まですさんでしまう
確かに それは現実だけれど
人は 決して現実の中だけに生きるんじゃない

夢を描いたり 未来を語り合ったり
なりたい姿を思い描いて
少しずつ 少しずつでも
成長していくのが生きるということ

最初からいい人なんていない
誰だって赤ん坊のころには自分のことしか考えなかった
そうだろう
でも 少しずつ誰かを思いやることを覚えていくんだ

だから 僕は信じたい
誰もが冷たい顔で行き過ぎる
こんなに寂しい世界だったとしても
かならず変えてゆくことが出来ると…

愛することの喜び
ともに生きてあることの嬉しさを
確かめながら 分かち合いながら
少しずつ 少しずつでも

そう もう一度 ここから始めてみようと思うんだ…

コピー 〜 ヤ椅子壁紙.bmp
posted by 銀河ステーション at 05:21| Comment(6) | TrackBack(0) | 詩:未来と平和のための祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい絵ですねぇ 現実は厳しいです 但し現実から逃れたら 何も出来やしない 現実にタフでないと 新しい大きな夢は持てない 吉野山より 大きな櫻山を創りたいんです 既に土地の買収を始めていますが・・・・・・!
Posted by 櫻灯路 at 2006年06月16日 11:42
>櫻灯路さま
ええ。ほんとに現実にタフにならなければ…と思います。現実を無視して見る夢は単なる妄想にすぎませんよね。
現実をまるごと受け止めて、その中で泥まみれになりながら見上げる青空だけがほんものですね。
そんな中、櫻山の夢、ほんとに素敵だと思います。現実にそこに向かって走っておられる櫻灯路さんに刺激されます。
僕も、がんばろう!
Posted by 銀河ステーション at 2006年06月17日 07:46
いつも温かいコメントを頂いてありがとうございます。

>そう もう一度 ここから始めてみようと思うんだ…

このところ絵の色使いに
明るさと温かさを以前よりも感じるのは ゆうたの気のせいでしょうか ?

銀河ステーションさんが「もう一度 ここから・・・」と、思った気持ちが
映し出されているかのように感じました。

身勝手な思い込みで申し訳ありませんでしたが

「もう一度 ここから・・・」
その気持ち、ゆうたも応援しています。



Posted by ゆうた at 2006年06月19日 00:32
>ゆうたさん
コメントありがとうございます。
確かに最近少し心境の変化があったので、絵にも表れているかもしれません。
いつ訪問してもあたたかい『えがおのたね』に励まされていることも、僕にとってはとても大きいです。
これからも宜しくお願いしますね!
Posted by 銀河ステーション at 2006年06月19日 21:14
 こんばんは。
 そうですね。いつの間にか、冷めた世界になっています。格差社会なんていいますけれど、私は経済的なものよりも、心の格差を感じてしまいます。
 日記の方にも少し書きましたが、先日、信号待ちで見知らぬおばちゃんに話しかけられました。ただの世間話でしたけれど、最後はあなたも頑張りなさいって、励まされまして。
 何だかそれだけでも、嬉しくなりました。
 そうした、小さな心と心のつながり。一つずつでもいいから、少しずつでも築き上げていく世の中になってほしいです。
Posted by 篩"Jim_a_e"獅師 at 2006年06月21日 22:17
>篩'Jim_a_e'獅師さん
コメントありがとうございます!
信号待ちでの出会い…なんだか素敵ですね。
心と心がつながることって本当に嬉しいですよね。
確かに、そういったつながりを重ねていければ、きっと世界もいい方向に変わっていくと思います。
身近なところから始めようかな…。
Posted by 銀河ステーション at 2006年06月24日 13:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。