2006年12月16日

負けないよ

守りたい笑顔
失くしたくない絆
たくさんの宝物を心に抱いて…

だからこそ立ち向かってゆける


いつの日か吹き荒れる吹雪の中で
高鳴った胸の鼓動を思い出している

弱い自分だと思っていたけれど
愛するもののために
こみあげる勇気と情熱を感じたあの日

ЁС01up.bmp


負けないよ

君たちの笑顔としあわせのために
すべての人がよろこびを分かち合う未来のために


確かに小さな僕の両手だけれど
少しずつでも何かを積み上げていくことができるなら
「あきらめ」という言葉を辞書に記すのは
まだまだ早すぎると思うんだ

悪あがきでも何もしないよりははるかにましさ
誰かの悲しみに ふるえる心があるのなら
その手をそっと差し伸べてみよう

守れる未来がきっとある 
posted by 銀河ステーション at 06:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 詩:歩き続ける日々に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 おはようございます。
 負けないよと言う言葉、私も好きです。振り返ってみれば、ある意味、今年一年の自分のテーマみたいになっています。不思議です。
 仕事もプライベートも、それまでと大きく変わって、正直、大変忙しい一年になっています。けれど、負けたくない!という気持ちがあるから、逆に楽しんでいるように感じています。
 今年は小中学生の子供たちと接する機会が増えましたが、彼らが目指す目標に対して、負けずに頑張って欲しいと思うと共に、自分自身も彼らに負けないようにしなければと感じる日々です。
 誰かの負けたくない姿と言うのは、自分も負けたくない気持ちさせてくれるものかなって思いました。
Posted by 篩'Jim_a_e'獅師 at 2006年12月16日 09:53
詩も絵もとても気に入りました☆
負けないよ。うん。自分に言い聞かせて歩いて行きたいですね。そして諦めるのはまだ早いかな…諦めるってどんな時にすればいいのでしょうか。そんなことを考えてしまいました。また銀河さんの詩は絵がいっそう世界に引き込んでくれます。今日もいい詩ありがとう☆
Posted by megumilk at 2006年12月17日 09:41
>篩'Jim_a_e'獅師さん

コメントありがとうございます!

…負けたくない気持ちで、逆に楽しんで…、すごいですね。

でも、ある意味、人間って追い込まれたほうが強いのかもって思うことありますね。
「負けたくない」「このまま終われない」って気持ち…、意外と弱そうに見える人でも、みんなそんな強さを根底に秘めているのかなと思います。
Posted by 銀河ステーション at 2006年12月17日 17:07
>megumilkさん
いえいえ、こちらこそいつも元気付けられてます。ありがとう!

どんな時に諦めるのか…?確かに悩みどころですね。なんでもしがみついていればいい訳ではないし。

一応、僕なりの基準としては、諦めたら悲しむ人がいる場合にはなるべく悪あがきするようにしています。もし、諦めても自分だけが我慢すればすむことなら、なるべく執着しないようにしています。一応ね。

それが正しいのかどうかはわからないけど…。

でも人生そのものは絶対諦めちゃいけないって想います。それだけは…ね。
Posted by 銀河ステーション at 2006年12月17日 17:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。