2007年04月13日

散りゆく姿の美しさに心ふるえて…

001up.bmp

桜が好きだったあなたの散り際も

このうえもなく潔く そして美しく

いつまでも 鮮やかな色で 

   僕の心に




そっと 花びらに息をふきかける

舞い上がれ

そしてあの青空にとけてゆけ…
posted by 銀河ステーション at 01:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 詩:懐かしいあなたのために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出会うことより別れるほうが
近づいてこようとしている年齢にさしかかって
人への情や思いが以前より深くなったように感じます。

桜というのは どれだけの人の思いがこもっているのでしょうね。
一瞬の刹那がそうさせるのでしょうか。
Posted by 霧の香 at 2007年04月13日 14:20
>霧の香さん
コメントありがとうございます。

…出会うことより別れるほうが
近づいてこようとしている年齢にさしかかって…

僕もそんな年頃です。また、それにつれて、今までお世話になった方々も、皆さんかなりの高齢になってこられました。

一日一日、幼いときは何気なく過ごしていたけれど、本当にかけがえのない時間だと感じるようになりました。

それはそれで、きっと良いことでもあるのでしょうね。出会いや結んだ絆…大切にしながら生きていきたいと思います。
Posted by at 2007年04月15日 05:20
これすごくきれいな絵ですね☆すごくいい!!
もうこの絵が大好きです。その絵も温かくて。
また更新楽しみでーす☆

舞い上がれ。自分の切なる想いが詰まった言葉にきこえます。
Posted by megumilk at 2007年04月16日 00:02
>megumilkさん
コメントありがとうございます!

喜んでもらえるととっても嬉しいです。力がでますね。

まだまだ拙いですが、少しでも見た人がしあわせになれるようなイラストが描けるように頑張ります!
Posted by 銀河ステーション at 2007年04月17日 23:06
おひさしぶりです。
銀河ステーションさん、相変わらず優しくかそけくような絵が素敵ですね。
しばらく更新が途絶えていましたので気になりましたが、お元気そうでなによりです。
Posted by はんな at 2007年04月21日 00:20
>はんなさん
本当にお久しぶりです!コメントありがとうございました。

きまぐれな更新で申し訳ありません…。ただ、『詩織』のほうには、じつは結構、訪問させていただいています。
ひとつひとつ深みを増してゆかれる詩を読みながら、なかなかふさわしい言葉を見つけられずに、そのまま帰ることも多いです…。

こちらも何とか不定期でも続けていこうと思っていますので、これからもよろしくお願いしますね。

Posted by 銀河ステーション at 2007年04月23日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。